Lifestyle

ウーバーイーツの便利な利用法~実際に注文してみた

街で見かけたウーバーイーツのデリバリースタッフ
町でウーバーイーツのデリバリースタッフをよく見かけるようになりました
  • ウーバーイーツの配達の人が気になる
  • ウーバーイーツを利用してみたいけれど、なんだか不安
  • どんなものがテイクアウトされているのか知りたい
  • これまでの出前配達と何が違うのか、気になる

メジャーになったウーバーイーツ

ウーバーイーツとは?

 「Uber Eats(ウーバーイーツ)」とは、スマホから注文した食事や商品を、短時間内にデリバリーしてくれる宅配サービスのこと。
アメリカで始まり、日本でも2016年9月29日からサービスを開始しました。

大人気のワケ

ウーバーイーツが社会現象といえるほどにメジャーになってきたのは、ちゃんと理由があります。

それは、これまで宅配サービスを行ってこなかったお店も、加盟しているから
お店スタッフが宅配を行うとなると、人手がかかって大変ですが、ウーバーイーツが間に入ることで、料理を作るのにてんてこ舞いのお店も、宅配注文を受けられるようになりました。
今までは、そのお店に行かないと食べられなかった料理を、ウーバーイーツは家まで届けてくれるのです。

家でなくても届けてくれる

慣習的に、料理は家に宅配してもらうものと決まっていましたが、ウーバーイーツでは、家以外に届けてもらうこともできます。
ピクニックやBBQをしている最中に頼みたくなった場合には、公園やBBQ会場にも商品を届けてくれます。

また、コンビニなども指定できるため、一人暮らしの女性でも自宅を知られることなく注文できて、とても便利です。

ウーバーイーツの利用方法

利用したい人は、まず【Uber Eats(ウーバーイーツ)】のアプリをダウンロードして登録します。それが完了したら、さっそく申し込めます。

注文方法
  1. アプリやWebから、商品やお店を検索する
  2. 注文する商品をカートに入れ、代金を確認する
  3. クレジットカード払いの場合 ➡ ネット決済し、注文を確定する
商品の受取方法
  1. 配達パートナーが、指定場所に商品をもって到着する
  2. 商品を受け取る
  3. 現金払いの場合 ➡ 配達パートナーに代金を支払う

注文する際には、商品代金のほかに配送料金がかかります。
注文内容ごとに配送料金は変わるため、注文の時に確認しておきましょう。

配達状況を追跡できる

ウーバーイーツの配送状況をスマホでチェック

注文する前から、アプリにはお店の商品ごとにデリバリーの所要時間が表示されます。
注文した後には、予定到着時刻が表示され、「キッチンスタッフは今どんな状態なのか」「デリバリーパートナーは今地図のどのあたりにいるのか」が逐一表示されます。

なので、注文側が気になる「もう頼んだピザが焼けたのか?」「配達の人はどこまで来ているのか?」というようなことがリアルタイムで分かるというのは心強いところ。
デリバリーの人の呼び名や、移動ツール(バイクか自転車か)もわかるようになっています。

街で見かけたウーバーイーツ

その1:バーガーキングの大量注文

夜に買い物に出た時のことです。
開店したてのバーガーキングのお店の自動ドアが開き、明るい店から全身黒ずくめの人が出てきました。

それはウーバーイーツの配達パートナーでした。
社員ではなく、配達目的で登録している一般の方々です。視線を向けると、その人は両手に持ちきれないくらい大量の袋を下げて、歩きにくそうにバイクに向かっていました。
あきらかに一人前ではなさそうです。誰かがワッパーを大量注文したの?

ウーバーさん(仮名)はバイクの前で思案している様子でした。
あの黒い四角いケースに注文した分がすべて入りきるのか、私も気になりながら、通り過ぎました。

その後どうなったのかはわかりませんが、プロですから、きっと何らかの解決策があったのでしょう。

街の中で見かけたウーバーイーツの配達スタッフとバイク

その2:ラーメンを黒バッグで配送

ほぼ同じ時に、今度は向かいのラーメン店から、エプロン姿のスタッフが出てきました。
どうしたのかと目をやると、外で待っている、ウーバーイーツの配達パートナーに、袋を手渡していました。
バーガーキングのウーバーさんとは別人ですが、こちらも真っ黒な格好で暗闇に同化していたため、立っているのに気づかなかったのです。

通りを挟んで右も左もウーバーイーツデリバリー開始。本当に人気なんですね。
こちらのイーツさん(仮名)が受け取ったのは、明らかにラーメン。
つゆだくさんで、運ぶのが大変そうですが、彼は預かった袋を両手で抱えて、そろそろとバイクに向かっていきました。

次ページは「昔ながらの出前サービス」です。

1 2 3
ABOUT ME
りか
りか
情報を丁寧にお届けしていきます。 なにかのヒントになれば幸いです。