Learn

2mってどのくらい?(考えよう、ソーシャル・ディスタンス)

ソーシャルディスタンスの2メートル
新型コロナウイルス対策で、外では人との間を2mあけなさいって。
でも2mってどのくらいの長さか、よくわからないよね?
何を目安にして考えればいいんだろう?
  • ソーシャル・ディスタンスとはどんなものか知りたい人
  • 2メートルの間隔がどのくらいか、具体的に想像がつかない人
  • みんな守れているのか、気になっている人

ソーシャル・ディスタンスとは

新型コロナウイルスの感染防止対策として「ソーシャル・ディスタンス」をとることが勧められています。
「社会的距離」という意味の言葉ですが、日本語にしてもなんだかわかりづらいですね。「対人間隔」という方がピンときます。
濃厚接触にならないよう、2メートルほど人と距離をあけるようにということですが、2メートルって、わかるようでわからない長さですね。

外出時に人とどれだけ離れればいいのか、ピンとくるようなわかりやすい例を探してみたいと思います。

例1. ジャイアントパンダ(動物)

WWFUK(世界自然保護基金UK)は、いろいろな動物を例に挙げて、2メートルを説明するインフォグラフィック「SOCIAL DISTANCING TIPS」をtwitter上に公開しています。
例えば「キープすべき人との距離は、ジャイアントパンダ一頭分」。

WWF_UK

パンダって、コロコロとかわいらしいイメージですが、思ったよりも大きいんですね。
でもパンダを身近に見たことがないから、ピンときません。

ほとんどクマと同じ大きさなんだって。
リアルはケモノサイズなんだ…

例2. 2羽のキングペンギン(動物)

WWFは「2羽のキングペンギン」も例に挙げていますが、これまた微妙感があります。
種類によって、けっこう大きさが違うペンギン。

キングペンギンってオウサマペンギンのことですよね。
エンペラー(コウテイ)ペンギンとどっちが大きいのかしら?

正解は、エンペラーペンギンです。

キングペンギンは体高85 – 95cm、エンペラーペンギンは体高110 – 130cmだそうです。

王様より皇帝陛下の方が位が高いしね!

例3. オサガメ(動物)

もっとわからないのは「オサガメ」。

・・・はい?
そもそもオサガメってどんなカメ?

オサガメは、世界一大きいウミガメだそうです。
体長は1.8 – 2.2 m。大きいものは700キロもあるそうです。
ただ、世界中のどの水族館でも飼育していない(2020年6月時)ため、海の中で偶然、野生のオサガメに出会ったりしない限りは、触れ合うことができません。
大きさがピンとくる人は、ほとんどいないでしょうね。

例4. クロマグロ(動物)

ほかには「クロマグロ一匹」。

いや、釣ったことないから! 

「マグロの王様」と言われるクロマグロ。大きさは全長1.5~3m前後にもなり、日本で水揚げされる最大サイズのマグロです。体重は500kgになる成魚もいるのだとか。

人よりも大きいマグロ。でもその大きさがピンとくるのは、マグロ漁師かすしざんまいの社長くらいでしょう!

例5. ピラルク(動物)

ピラルク」もだそうです。
え~?魚…なのよね?

わかりませんって!!

そもそも海の生物を陸に置き換えること自体、大きさがあやふやになりますからね。
ピラルクはアロワナの仲間。アマゾンの巨大な古代魚で、大きいと全長約4.5メートルにもなるそうです。大きいですね。

このあたりで、子供の頃にWWFジャパンの会員だった私が、あえて言いましょう。

WWF、もはや大喜利状態じゃない!

自分のペットなら大きさも実感できますが、見たこともない動物でたとえられても、ちっともピンときません。
思っているよりも感覚をあけなくてはいけないということは、ぼんやりとわかりますが。

人間で考える方がわかりやすそうかしら。
そこで、2mくらいの人を探してみました。

例6. マイケル・ジョーダン(人)

でも、2mの人ってかなり大きく、日本ではなかなかいませんね。
大きい人といったら、元NBA選手のマイケル・ジョーダン氏でしょうか?
シカゴ・ブルズ、ワシントン・ウィザーズでプレーし、バスケの神様と呼ばれている人です。

彼の身長は198cm。
2.5mくらいあるかと思っていました!

バスケの神様だから、人間サイズじゃない!

例7. 八村塁選手(人)

じゃあ、若手現役NBA選手の八村塁選手は?
2019年のNBAドラフトの一巡目でワシントン・ウィザーズのチームに指名された、期待のルーキー。
彼の身長は、203cm。

さすがは期待のルーキー、身体も大きい!

とはいえ、マイケル・ジョーダン氏も八村塁選手も実際にお会いしたことがないので、どれだけ大柄なのか、よくわかりません。
その点ではオサガメやピラルクと一緒です。

それに今知りたいのは、横たわった時の長さが2メートルかどうか。
立った時の身長はわかっても、群衆の中でもひときわ目立つほど大柄の彼らが床に寝そべったらどれだけスペースをとるのかは、想像しづらいものがあります。

例8. コントラバス(楽器)

すると、高校の先輩が

「2メートルといったらコントラバスだよ!」

と言いました。
コントラバスですか。

コンバスの大きさは、ヘッドの先からボディの端まで、全長180~200cm。
そう考えると、2mってかなり遠いですね!

私は、これまでの2メートル候補の中で一番ピンときました。
ただそれは、元弦楽部で横置きされたコンバスを見慣れていたからです。

そんなにメジャーな楽器ではないし、コンバスを近くで見たことがない人の方が圧倒的に多いでしょう。
それではピンときませんね。

例9. フラフープ(却下)

さらに考えます。

フラフープはどうかしら?

フラフープだとわかりやすいたとえになりますね。
でも、大きいものでも直径100cmくらいが限度のようです。

サイズ的に却下ね。
お互いにフラフープを回せばいいんじゃない?
ぶつかったら危ないよ!

例10. ランドローバー(車)

普通自動車の大きさは、横幅が175cmくらいあるそうです。

じゃあ、ランドローバーはどうかな?

調べてみると、ランドローバーは車幅199.6cmでした。
ほぼ2m!

例11. ベッド(家具)

もっと身近なものがあるじゃない。

毎日使っている、寝室のベッドです。
シングル・ダブルと幅の長さはいろいろありますが、長さは共通して195cmくらいです。

例12. 畳一畳(床材)

「PANDAID」というサイトに、いろいろな例が上がっています。

そういえば、和室にはがありますね。
一畳の長さは176cm。2mというにはちょっと少ない感がありますが、ようやく具体例が見つかりました。

PANDAID

つまり2mのソーシャルディスタンスとは、人との間に、ベッドもしくはランドローバー、はたまた畳一枚が置けるくらいの距離をあけなくてはいけないということです。

次ページは「一人ひとりの意識が大切」です。
1 2
ABOUT ME
りか
りか
情報を丁寧にお届けしていきます。 なにかのヒントになれば幸いです。