bodycare

【体験談】東洋医を受診して漢方を処方してもらう方法

東洋医療を受診すると処方されるさまざまな漢方薬
病院で漢方を処方してもらいたいけれど、どうすればいいのかな?

西洋医学のクリニックが多い日本ですが、東洋医学の治療院も少しずつ増えてきました。とはいえ、まだ漢方治療についてよくわからない人が多いのではないでしょうか。
この記事は、私が東洋医療を受けた体験を元にまとめました。

  • 西洋医学と東洋医学の違いを知りたい人
  • 漢方を処方してもらって無理なく健康になりたい人
  • 東洋医療を受けてみたいけれど踏ん切りがつかない人

こちらの記事は、個人の体験を元にしたものです。内容は執筆者個人の見解によるもので、全ての方への有効性を保証するものではありません。あくまで参考の一つとしてお読みください。
似た症状にお悩みの方も、適切な医療機関での受診・治療をお勧めいたします。

貧血で受診したい

適切な治療は大切

ずっと貧血が治らなくて憂鬱…。

貧血持ちの女性は多いですね。私も十代の頃からずっと貧血が続いており、普段の食生活では鉄分を多めにとるように心がけています。

通常は問題ありませんが、忙しかったり体調が悪いと、めまいや立ちくらみといった貧血の症状が出てしまい、ひどい時には立っていられなくなって、周りに迷惑をかけてしまうことも。きちんと治しておかないと、いつつらい思いをするかわからないのが不安なところです。

また貧血は、ずっと同じ症状が続くわけではありません。気にならないほど軽いからと何もせずに放置しているうちに、症状が悪化してしていることもあります。
貧血の症状が続く時には、病院で診てもらって適切な処方を受けることにしましょう。

西洋医学か東洋医学か

日本の病院は、採血や注射、手術をほどこす西洋医学治療が基本です。
お医者さんといったら、通常は西洋医学の専門家ですね。

私も貧血を長年抱えており、今すぐどうこうしなくてはいけないという緊急性は低いのですが、鉄分多めの食事を心がけていてもなかなか治らない、しぶとい病です。根本から完治させるには、時間をかけてしっかり向き合わなくてはいけないようです。

これまで貧血を診てもらってきたのは、行きつけの西洋医学のお医者さん。西洋医学ではこれといった治療法がなく、鉄剤の処方のほかは鉄分を多く含む食物摂取の指導くらいしかありません。

そこで、今回は東洋医学の医師に診てもらうことにしました。

漢方ってからだにやさしいしね
貧血の人がとるべき野菜や鉄分
【体験談】貧血をそのままにせず、きちんと向き合おう 自分が貧血持ちだと自覚している人はたくさんいますね。 ただ、特に何もしなくても普通の日常生活が送れるので、(貧血の人たくさんい...

中国での受診体験

かれこれ25年ほど前の話になりますが、初めての中国旅行中に現地の治療を受けたことがあります。
北京に着いてから、排気ガスで痛めた喉が日に日に悪化し、しまいには食事もとれなくなった私。ツアーで北京を代表する繁華街の一つ、王府井(ワンフーチン)をショッピング中にとうとう立っていられなくなって、ガイドさんにすがりつきました。
連れて行ってもらった大きな建物には「軍事病院」の看板が下がっていましたが、ほかに患者の姿は見えず、明かりも暗くてシーンとしています。
(軍人専用の病院?)と、おじけづきながらの診療となりました。

診療室にいたのはかなりのお爺さん先生でしたが、通訳を通じて私の症状を聞き、舌の状態を見た後で、突然手をグーにして、こぶしを私の鳩尾(みぞおち)に入れ、さらにグリグリと押してきました。

(わっ、痛い!)

突然のことにびっくりしました。見知らぬ異国の地で会ったばかりのおじいさんに手加減なくおなかを押され、話す言葉もさっぱりわからないという状況。喉の痛みに加えて大きなカルチャーショックを受けたものです。

処方してもらった漢方薬は、読めない中にも「蛇」の文字が書かれており、(もしや蛇の粉末が入ってるのでは?)とおびえました。今にして思えば消炎に効く「白花蛇舌草」だったかなと思いますが、なかなかのショック体験でした。

忘れられないショッキング体験・・・

長い年月が経った今でもその記憶は鮮明に残っていおり、本場の東洋医学は、みぞおちをグイグイ押して診るものだと思っています。
多少の痛さは覚悟しなくては。

東洋医学の治療院

病院の探し方

東洋医学の医院は、以前より増えてきたとはいっても、西洋医学に比べてまだまだ少数です。
周りで受診したという話も聞かないため、どの先生がいいという評判もわかりません。
そこで、ネット上の口コミが載っている病院検索サイトを参考にして、家から徒歩圏内にあり、評判がまずまずのところを選んでいきました。

東洋医学専門のお医者さんは「漢方ナビ」から探せますよ

オリエンタルな診察室

訪れた診療所は、少し変わっていました。
普通、病院内はクリーンで明るいものですが、待合室に入ると、部屋の明かりは薄暗め。
待合室には水晶玉を持った龍の置物や紫水晶が飾られており、中国風。本棚には、漢方の本がずらりと並んでいます。

数名の患者さんが順番待ちをしていました。平日午後だったためかか、その時にいたのは女性ばかりでした。

東洋医学の診察法

会話はなし

初診なので、まずは問診票を記入します。
自分の番になり診察室に入ると、初老の男の先生が座っていました。

普通は、医師が問診票を見ながら「今日はどうされましたか?」と尋ね、患者が症状を伝えますね。でも、ここでは違っていました。

呪文のような言葉

先生は、私をじっと見て

「”気”が弱っているな」

とひとこと言われました。
(独り言?私に話しかけているの?)
返事ができずに、困って黙っていると、先生は続けてどんどんしゃべり出しました。

「キキョー」や「タンケイ」という単語が聞き取れますが、呪文のようで言葉の意味は、まったくわかりません。
先生のつぶやきが終わるまで、邪魔をしないように黙っていることにしました。

呟きは長く続き、いつしか「○○か・・・△△か・・・」と、今度は治療法か薬の名前を呟き始めました。

患者はだんまり

私ははじめの挨拶以来、口を閉ざしたまま。
自分がどんな症状で、何を診てもらいたいのか、まったく伝えていません。

事前に問診表は書いているので、最低限の情報は伝わっているはずですが、言葉を交わしての問診はありません。
先生は、ただ私の顔色を見て、診察していました。

次ページは「先生の診断」です。

1 2
ABOUT ME
りか
りか
情報を丁寧にお届けしていきます。 なにかのヒントになれば幸いです。

POSTED COMMENT

  1. アバター ゴエ より:

    れーちゃんに教えてもらった先生に似てるー☺

  2. アバター リカ より:

    ゴエちゃんもレーちゃんも、オリエンタルな先生に診てもらっているのね~。
    やっぱりこういう感じなんだ。それなら私も続ける勇気が出るわ(^O^)!!