bodycare

【体験談】東洋医を受診して漢方を処方してもらう方法

東洋医療を受診すると処方されるさまざまな漢方薬
前のページからの続きです。

医師の診断

先生との会話

先生は私を見てなにやら呟きながら、スラスラとメモを書いていきます。
それが一段落したのちに、

「ストレスと疲れだね」

と言われました。
ようやくわかる言葉が発されて「はあ」とあいまいに答えます。

「仕事のストレスがかなりたまっているね。自覚がなくても身体は正直だから」

自分の貧血の原因が仕事にあるとは思っていませんでしたが、忙しいと貧血になりやすいのは、ストレスが原因かもしれません。

それにしても、お医者さんというより、占い師の診断を聞いているようでした。

気虚と胆経

気虚

「キキョだね」と言われたので、驚いて「キキョー?」と聞き返しました。
以前母がかかったことがある、肺に穴が開いて呼吸困難に陥る「気胸(キキョウ)」という病気かと焦りましたが、別もの。
漢字は「気虚」でした。
身体にとって必要なエネルギーが不足した状態で、体がだるく、やる気が出ず、疲れやすいという症状があります。

胆経

「あと、左タンケイが弱ってるね。針灸をするときに覚えておいて」と言われました。
タンケイがどこを指すのかわかりませんが、左のパワーが落ちているんですね。

東洋医学専門用語は、わからない言葉ばかり。
知識があれば先生の診断も理解できたと思いますが、わからない言葉を紙に書いてもらい、あとで調べてみました。

胆経とは

タンケイとは「胆経」のことでした。

「胆経」とは、目尻から足の薬指までほぼ全身にわたって身体の側面を流れる経絡(けいらく)のこと。
栄養の配分を司り、消化腺の働きによって、全身の気血(エネルギー)のバランスをとっています。

経絡について

「経絡(けいらく)」は、エネルギーである「気血」の流れる通路のこと。

目尻から足の薬指までの「胆経」や足の親指からあばらの下までの「肝経」など、全身に12本の経絡があります。
経絡上の要所にツボ(経穴)があり、そこを指圧すると経絡を通る気血のめぐりがよくなります。

ノータッチの診察

先生は、立て板に水を流すように、すらすらといろいろな説明してくれますが、聴診器を使った診察はありませんでした。

「では舌を見せて」

と言われて、舌の診察はしましたが、顔に手を置いたり、瞼の裏を診ることもしません。

不思議な時間が続くため、勇気を出して

「先生は、私をご覧になって、ご判断されているんですか?」

と聞いてみました。

「そうだよ。診察だからね」

当然という顔で、こともなげに答える先生。

「へえ~!」
あっさり肯定されて、改めて驚きます。
医師は、顔色や顔つやで病気の度合いが分かると聞きますが、実際に目の当たりにすると、マジックのようです!

患者の「気」で判断

驚きのあまり呆けている私に、先生は

「かかってきた予約の電話の声を聞くだけでも、症状がわかるよ」

と言われました。

「えーっ!?」

ミラクル!仙人や魔女のレベルですね!
先生は、その人の発する「気」で、どんな症状なのかがわかるのだそうです。

「処方箋を出しておくから」と言われ、目視のみで診察が終了。

これで終わり?本当に?

狐につままれたような気持ちで、病院を後にしました。
何もわからないまま受けた漢方診断は、言われたことも謎だらけで、魔法使いに会ってきたような気分になりました。

皮膚接触は一切なかった診察。
100%、見た目のみでの判断ですが、これも医療なんですね。
不思議です。アジアン・ミステリー。

処方の結果

医療かそうでないか

受診の時には先生のお話を聞いて(ワー、スゴイ)と思いましたが、日がたつにつれて少しずつ冷静になってきました。
あまりにも不思議体験すぎて(あれで医療と呼べるの?)とモヤモヤしてきたため、中国に詳しい友人に聞いてみることに。

あのお医者さん、ヤブじゃないかと思うんだけど…
「東洋医学のお医者さんは、問診だけではなく、患者の顔色や肌の状態、体型や姿勢、声の張り方や舌の状態などで、気の巡りや血の巡りを判断して、症状の根本的な原因にアプローチするんだよ。
ヤブどころか、ベテランの先生じゃない?」
どうやら、怪しい方ではなさそうで(失礼な)、ほっとしました。

4種類の診断法

後になって、漢方には「四診」といわれる「問診」「望診」「聞診」「切診」の4つの診断法があると知りました。

① 「問診」:患者に既病歴・自覚症状・痛む部位・食生活・
居住環境などを質問する。
② 「望診」:舌を診察する舌診を含み、顔色・体格・姿勢・
全身の状態を観察する。
③ 「聞診」:声の強弱・呼吸の音・咳の音を聞く。
④ 「切診」:触診したり脈を診る。

ミステリアスな時間だと思われた診察でしたが、お医者さんはきちんと四診にのっとった診察をされていたことが分かりました。
友人がコメントした通り、漢方医はその五感を駆使して診断を行っているんですね。
<!—-「四診」についての詳細は、こちらの記事に載っています。 https://52no.net/eastern-medicine–>

漢方薬の処方


薬局で3種類の漢方薬を2週間分処方してもらうと、かなり大量の内服薬になりました。
どれもツムラのお薬で、市販されているものばかり。
薬を飲み終わった頃には、先生がヤブ医者かそうでないかがはっきりするでしょう。

治療の結果

処方された薬をすべて飲み終えた2週間後には、体調は元通りになっていました。
貧血の症状もすっかり抜けて、身体も身軽になっています。

先生のお見立てが正しかったんですね。

今回は、悪化した貧血の症状を改善するための受診でした。
貧血を根本から完治するには、半年や一年といった長いスパンでの治療が必要になりますが、今回は体内の鉄分を増やし、症状を押さえたところでひとまず終了です。

それにしても不思議な診療体験でした。

まとめ

自分の健康管理の中に、生薬で治療する漢方を取り入れたいと思っていましたが、東洋医療はそれほどメジャーではないため、なかなか受診できずにいました。

さらに口コミがないためどの病院にするか悩んだ結果、ネット上で探すことに。
実際の診療は相当独特で(注・個人の感想です)、先生はヤブではないかと半信半疑になりましたが、怪しむ気持ちをぐっと抑えて処方に従ったところ、体調が戻ってすっかり元気になりました。

和漢治療ビギナーですが、終わりよければすべてよし。
また不調を感じた折には、ふたたび先生のお世話になろうと考えています。

「東洋」とは日本を含めた言葉なので、身近に感じますが、「東洋医学」になると、とたんに知らないことだらけになるんだなあと実感した、今回の診察体験でした。

漢方治療、どんどん身近になっていくといいですね。

[初回投稿日: 2017年6月8日、後日編集済み: 2020年6月]

貧血の人がとるべき野菜や鉄分
【体験談】貧血をそのままにせず、きちんと向き合おう 自分が貧血持ちだと自覚している人はたくさんいますね。 ただ、特に何もしなくても普通の日常生活が送れるので、(貧血の人たくさんい...


1 2
ABOUT ME
りか
りか
情報を丁寧にお届けしていきます。 なにかのヒントになれば幸いです。

POSTED COMMENT

  1. アバター ゴエ より:

    れーちゃんに教えてもらった先生に似てるー&#9786;

  2. アバター リカ より:

    ゴエちゃんもレーちゃんも、オリエンタルな先生に診てもらっているのね~。
    やっぱりこういう感じなんだ。それなら私も続ける勇気が出るわ(^O^)!!